葬儀での喪主の挨拶

葬儀での喪主の挨拶とは

葬儀の際の喪主挨拶について

葬儀の際最後に喪主の挨拶が行われるのが通例です。参列者は仕事を中断して参列しています。そのため周りの人と仕事の調整をして参列しています。喪主の挨拶ではそのような思いをしてまで来てくれた参列者に対して感謝の気持ちをもって話す必要があります。個人と親しい人の中には葬儀だけでなく、火葬や初七日の法要まで参列する人もいます。そのような人にはなおさらそのような気持ちを持って参列者に接する必要があります。ほとんどの場合例文があるので、そちらの例文に沿っていけば大丈夫なようになっており、プロもフォローに入るので安心です。

葬儀での喪主の挨拶について

葬儀ではお通夜から告別式の流れの中で喪主が自ら挨拶を行います。タイミングは基本的に4回あります。お通夜の終了時、通夜式後のお食事のとき、告別式の終了・出棺のとき、仕上げの料理のときです。自分の言葉で自分の声でするのが一番ですが、最近では喪主と家族の数名が参列者の前に並んで司会者が代行で挨拶をすることが増えつつあります。葬儀はほとんどの方が未経験のため、涙で声がつまってしまったりすることもありますがそれがかえって参列者の心に響くことがあります。内容は深く考えすぎずに故人の経歴や故人に対する生前のお礼などを含めたシンプルなもので良いです。

葬儀の喪主に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP